Share

市場を席巻した日本食のトップトレンド

の究極の体験は、国の豊かな料理を味わうことなしには完結しません。過去10年間に国を支配したさまざまな日本食のトレンドに旅行してみましょう。日本食を国内だけでなく世界中で人気があり、特別なものにした注目すべきトレンドのいくつかを次に示します。

ブロスまたはボーンブロスボーンブロス

が日本食のトレンドのリストに載った理由に驚かれるかもしれませんが、 2015年は非常に人気がありました。これは、食べ過ぎたときに起こる酸の逆流を助ける方法を人々が探していたためです。 

スーパーフードの骨付きスープを提供すると、家族や友人との大規模なごちそうの後、お腹を煮詰めることができます。コラーゲン、グルタミン、グリシンなどの有益な化合物を使って、美味しくて簡単に作ることができます。これは、腸の炎症のリスクを減らすのに役立ちます。 

テイクアウトグルメ

世界的大流行により、人々はさまざまな場所を訪れることが困難になりました。封鎖は、特に大規模なウイルス拡散のリスクがある都市部で実施されています。 2020年の大部分の間、人々は家に行き詰まり、どこにも行けず、他に何も食べることができません。これにより、テイクアウトグルメは家庭で人気を博しました。 

多くのレストランや施設は小規模での運営が許可されています。これにより、ウイルスの蔓延を防ぐために、家庭への定期的な配達への道が開かれました。外出やグルメの注文を逃す人が多いことから、テイクアウトのトレンドが飛躍的に広がりました。 

香ばしいオニオンパン

ケーキパンケーキについて考えるとき、最初に頭に浮かぶのは、甘いメープルシロップとフルーティーなトッピングです。しかし、日本はタマネギのパンケーキを作ることによって、おいしい地域に迂回します。 

薄くてルーズなので、パンケーキよりクレープによく似ています。このパンケーキは、卵、小麦粉、塩、黒胡椒、そしてもちろん玉ねぎで作られています。通常、パンケーキは朝食の食事と見なされますが、このおいしい料理は、友人やビールとの夜の外出に最適です。 

淡水ウナギ

淡水ウナギ、または最も一般的にうなぎと呼ばれる、日本の歴史に深く根ざしています。それはかつて、通り抜けるのに苦労している謙虚な家族のための貧しい食事でした。ハイブロウ料理ではないので、貴族のテーブルには表示されません。 

現代に早送りすると、うなぎは国内で最も人気のある魚の1つになりました。他の人気魚に匹敵する独特の美味しさから、日本国外にも輸出されています。 

うなぎを使った料理は、レストラン花郷善で注文できます。私たちの料理は、特に低燃焼の木炭で調理した場合、新鮮でおいしいと認定されています。 

もちボール

日本料理がお好きなら、もちボールのことを聞いたことがあるかもしれません。初心者のために、これらは小麦粉と甘味料から作られた濃厚でもち米のボールです。美味しさと歯ごたえのある食感で人気を博しました。 

伝統的に、これらは新年の間にのみ作られる珍味です。特に西側からの突然の国際的な関心は、その需要を増加させました。日本だけでなく、他の国でも一年中購入できるようになりました。