Share

日本食が異なる3つの理由

日本は非常に古くて堅実な魚文化を持つ群島です。何千年にもわたる新鮮な魚介類を提供するとともに、安全で保存状態の良い、硬化、乾燥、または調理された魚や魚介類を提供する技術を開発していることで知られています。日本人は伝統的な料理を提供することに関して世界で最も優れた専門家をほとんど持っており、彼らの料理をユニークなものにしています。 

日本食がユニークである3つの理由は次のとおりです。

  1. 食材は新鮮です- 日本食は 未加工の食品を方程式から外します。日本人は健康を意識していることで知られているため 料理になり がち 、食材の鮮度を重視したです。また、料理に使う香辛料や油の使用量も少なくなっています。 

日本からの有名な料理の2つは、寿司と刺身です。生の魚は非常に新鮮できれいでなければならないので、寿司や刺身を作るのは簡単な作業ではありません。それだけでなく、彼らは清潔な手と道具を必要とする衛生に高い注意を払う必要があります。

しかし、日本人シェフは生の魚を汚染されることなく清潔で新鮮に保つ技術を知っているので、心配することは何もありません。 

だから、花郷善店のような本格的な日本食レストランで寿司や刺身を食べてみたいなら、日本人は生の魚を清潔で新鮮に保つ方法を知っているので心配する必要はありません。日本人自身はとてもきれいな人なので、寿司や刺身の生の魚の扱い方をよく知っています。

  1. 彼らの食べ物は健康的です- 日本の沖縄は400人以上の百歳以上の人々がいる「不滅の地」とも呼ばれています。彼らの秘密は何だろうか?さて、秘密は彼らの健康的な食習慣にあります。食べて健康になるのが彼らの伝統です。これが理由です tはちょっと例えば、焼き蒸し、煮込み、発酵及び攪拌フライのような調理の異なるタイプを使用します。そのような方法を選択する理由は、成分の栄養価を維持するためです。
  2. シェフのトレーニング- 日本では、シェフ はが尊敬する 人々人です。ヘッドシェフの称号は非常に権威があります。それは日本人から高く評価され、名誉あると見なされています。それはまた、日本文化の尊敬と名誉への深い感謝の反映でもあります。   

日本で料理人になるには、魚や魚介類を適切な方法でカットしてきれいにするための熟練したナイフのスキルが必要です。では、どうやってシェフになり、その白いエプロンを手に入れるのでしょうか?それに対する簡単な答えは、何年ものトレーニングです。一部の高級レストランで日本人シェフになるには、最先端の料理で10年の経験が必要な場合があります。

10年というのは長い期間かもしれませんが、日本文化ではとてもやりがいのある職業だと考えられています。日本の専門家になるための旅には、メッキやナイフトリックなどの食品加工のスキルを学ぶことが含まれる場合があります。尊敬されるシェフになるための本当の方法は、一番下から始めて、一番上まで進んでいくことです。